© 汗まみれでFXsuitを運用し、報告するブログ All rights reserved.

20206/20

不動産投資は不労所得を得られる

不動産投資の最大のメリットは何かと言われれば、やはり不労所得を得られることではないでしょうか。

賃貸アパートや賃貸マンションを持っていると「色々とやることがあって大変なのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、実際にはほとんどやることはありません。

もちろん物件を「自己管理」していれば、入居者からのクレーム対応、滞納家賃の催促、家屋の修繕、退去時の立会い、退去後の原状回復、入居者の募集・・・・と、やることはたくさんあります。

しかし、普通の不動産オーナーは、何もやることはありません。

なぜなら不動産の管理は、全て管理会社に任せているからです。(一般的には、不動産屋が管理を行ってくれます)

入居者からの苦情は管理会社に連絡が行くようになっていて、そちらで対応してくれます。

その他に、滞納家賃の催促、退去時の立会い、退去後の原状回復、入居者の募集・・・・と、賃貸業務にかかわるほとんど全てのことは管理会社がやってくれます。

設備機器の故障があったときや管理会社では判断できない件について、対応することはありますが、たとえば設備機器の故障等では、業者の手配や立会いその他全てのことはやってくれるので、大家は何もやることがありません。

では、管理会社に管理手数料として毎月いくら払うのか?というのが気になる点だと思いますが、これも大した額ではありません。

相場は家賃の5%程度と決まっています。

したがって、家賃が10万円なら管理手数料は月5000円、家賃が5万円なら管理手数料は月2500円になります。

なぜ管理手数料が安くすむのかと言うと、管理会社としてもあまりやることがないからです。

管理会社の一番大きな仕事は、入居者が退去するときに発生します。

退去があると、退去時の立会い、部屋の原状回復の手配、入居者の募集、入居者が決まればこれの契約・・・、と色々な仕事があります。

しかし、退去者がなく同じ人が住み続けていれば、管理会社もやることはないのです。

やることと言えば、家賃が滞納したときの催促くらいなものです。

ただ、不動産投資には初期資金が必要になります。

僕が行っている投資法は2万円から運用できる手法で誰でも簡単に行うことができます。

また、メンテナンスやリスクがなく始めることができます。

簡単に資産構築を行いたい方は是非、活用してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20206/30

ネットショップ 販売の流れ

デジタル商品を販売する流れは、簡単に次のようになります。制作したデジタル商品をネットショップにアップロードする。値段を決め商品説明文と商品の…

20206/29

設備を充実させる

設備を良くすることも一つの方法です。 多少お金はかかりますが、これを行うことで入居率はアップします。 私は、単純に照明器具を取り…

20206/19

メイトなるSNSの特徴を知ろう

SNSと一言に行っても、様々にあり、それぞれにユーザー層や特徴も違ってくるのでビジネスに利用する際には特性を理解することが大切となります。 …

20206/18

不労所得にできて、勤労所得にできないこと

「勤労所得でも副業とかすれば、複数同時に動かせるだろ?」と反論されるかもしれません。 それに対するさらなる反論はこうです。 「勤…

20206/17

不労所得は複数同時に動かせる

複数同時進行こそ、不労所得の醍醐味! 不労所得にできて、勤労所得にできないことは何でしょう? それは、複数同時に動かすことです。…

ページ上部へ戻る